リフォーム

リフォーム

今よりもっと"こだわり"のある暮らし!

リフォームの目的として、住まいの老朽化による美観アップや設備更新といったこととは別に、ライフスタイルの変化に伴い今の生活に合う住まいに変えたい、住まいの性能を向上させてもっと快適に過ごしたいというワンランク上の住まいを実現する為のリフォームも増えています。ライフスタイルの変化でリフォームを考えるとき、必ず参考になるプランがあります。

〈家族に優しい住まいへ〉

便利で快適な住まいへ

太陽光発電.jpg

ふりそそぐ太陽の光を家庭で使える電気に変える太陽光発電。わが家の屋根で創エネルギーができます。エネルギー問題や環境問題にも貢献度の高いシステムです。

太陽光発電のポイント

Point1 太陽光発電システムのしくみ

太陽光発電とは、屋根の上に「太陽電池モジュール」と呼ばれる太陽光パネルを設置し、太陽の光から電気をつくり出すシステムです。

太陽光発電2
  1. 電気をつくる
    太陽電池モジュールを屋根などに付けて太陽エネルギーから直流電力を発電。

  2. 電気を集める
    接続箱に太陽電池モジュールからの配線をまとめて、パワーコンディショナに送ります。

  3. 電気を変換する
    パワーコンディショナが太陽電池モジュールで発電した直流電力を交流電力に変換。

  4. 電気を分配する
    パワーコンディショナからの電力を屋内分電盤から家庭内に分配。

  5. 電気を測る
    電力量計で売る電力と買う電力を測ります。

 
収納リフォーム.jpg

収納は、取り出しやすく片付けしやすいことが重要なポイントです。わが家の収納を見直して、効率良く使える収納にリフォームしてすっきりとした美しい住まいを実現しましょう。

リフォームのポイント

Point1 収納方法の使い分け

毎日使うモノがそれぞれ使う場所にある「分散収納」と、季節モノやレジャー用品などを効率良く納戸やウォークインクローゼットなどに1ヵ所にまとめておく「集中収納」を上手に使い分けましょう。

●分散収納

分散収納住空間に合わせてパーツを自在にカスタマイズできる収納。(ランバーシリーズ・南海プライウッド)

収納リフォーム2

●集中収納
洋服や小物など一括収納できるウォークインクローゼット。(フリーラックシステム フォルス・住友林業クレスト)

収納リフォーム3
 
光と風を取り入れるリフォーム1.jpg

エコ住宅という言葉が浸透してきた時代、せっかくリフォームするなら、環境に配慮した家造りにしたいものです。自然の力を取り入れて、家計にも地球にも優しい家にしましょう。

リフォームのポイント

Point1 光を上手に取り込む

■窓:採光の一番のポイントとなる窓。明るくするためにはただ大きな窓にするのではなく、部屋の向きや用途に合わせた取り付け位置や窓タイプの選択が重要となります。プライバシーや外観のデザインにも配慮して選びましょう。

■採光と窓の位置:プライバシーや景観に配慮して十分な光を取り入れましょう。

光と風を取り入れるリフォーム2.jpg

●トップライト
屋根や天井面に設ける窓。プライバシーを守りながら、効率良く光を取り込みます。北面や東面に使うと効果的。

光と風を取り入れるリフォーム3.jpg

●ハイサイドライト
側面(壁)の高い位置に設ける窓で、部屋の奥まで光が入ります。吹き抜けのリビングや玄関ホールにおすすめ。

光と風を取り入れるリフォーム4.jpg

●サイドライト
一般的な窓で、大きな開口部から光を取り入れます。景観を得られる一方でプライバシーへの配慮が必要。

光と風を取り入れるリフォーム5.jpg

●ローサイドライト
床の近くに取り付ける窓で、和室や廊下の窓に使われます。光は床に入るのみで、部屋の奥までは入りません。

 
自然素材の内装リフォーム.jpg

最近では自然のぬくもりを部屋に取り入れる本物志向の方が増えています。室内環境を整え、毎日の暮らしの中で心地よさを体感できる自然素材リフォームをしましょう。

部位別おすすめ商品

床材(無垢フローリング)

天然木材をそのまま製材し、木の自然な質感と風合いが特長の床材。樹種や部位によって木目や色、性能が異なります。

自然素材の内装リフォーム2.jpg

●ニュージーパイン
伸びやかな木目模様と柔和な表情が印象的なパイン材。(無垢フローリング ピノアース・ウッドワン)

自然素材の内装リフォーム3.jpg

●サクラ(カバノキ)
バーチとも呼ばれるカバノキ科の樹木。赤みをおびた木材。(コンビットサクラ〈カバノキ〉、ソリッド〈ユニタイプ〉・ウッドワン)

自然素材の内装リフォーム4.jpg

●ウォルナット
重厚な濃い茶色の木肌を持つ高級品の代名詞のような木材。(オスモフローリング HQシリーズ・オスモ&エーデル)

自然素材の内装リフォーム5.jpg

●栗
大きくはっきりとした木目が人気の栗材。やや褐色がかった木肌。(里床〈無垢〉・永大産業)

 
家事らくらくリフォーム1.jpg

最近の設備機器や内装材は家事をサポートしてくれるアイテムが豊富にあります。上手に取り入れることで家事の時間がぐっと短縮でき、毎日のお手入れもラクになります。

リフォームのポイント

Point1 スムーズな家事動線

"家事動線"とは、家事に係わる人の動き(移動)のこと。これが長かったり、ドアの配置や通路の狭さで動きにくいと不便を感じる要因に。キッチン→洗面所→洗濯物干しなどの動線が短く、スムーズなことがポイントです。

家事らくらくリフォーム2.jpg
 

暮らしを楽しむ住まいへ

夫婦二人のセカンドライフリフォーム.jpg

子供も手を離れ、仕事のしがらみからも解放され、趣味や興味のある事をとことん楽しめるスペースがあれば、これからの人生もより一層充実したものになるはずです。

リフォームのポイント

Point1 夫婦それぞれの暮らしを考慮したくつろぎ空間

①LDK
長い時間を過ごすLDK。ゆったりとくつろげる空間づくりを考えましょう。食事をしたりTVを見たりするだけでなくパソコンや読書、家事作業が出来るようなコーナーを設けるとさらに快適。又、キッチンは、夫婦で作業や会話が出来る対面式やアイランド式がおすすめです。家族や友人を招待してのホームパーティーにも最適。

●アイランドキッチン
軽い食事やお茶も楽しめるアイランドカウンターキッチン。(サンヴァリエ〈リシェル SI〉・LIXIL)

夫婦二人のセカンドライフリフォーム2.jpg

●タタミスペース
12mm厚の畳風床材。くつろぎスペースに最適。(ZIPANGここち和座 敷き込みタイプ・大建工業)

夫婦二人のセカンドライフリフォーム3.jpg
 
ペットと暮らすリフォーム.jpg

動物はとても繊細で、ストレスの溜まりやすいものです。ペットもわが家の大切な家族です。ほんの少し工夫するだけで、ペットも人も、住みやすい空間にすることができます。

リフォームのポイント

Point1 省エネ性

暮らし方や飼っているペットの種類に合わせて、ペットの生活範囲を設定して、ペットが落ち着けるスペースをつくり、サークルやハウスを用意します。入ってはいけない場所はきちんと区別し、自由に出入りできるスペースにはペット用のドアなど付けると快適です。

●ペットドア
ペットの移動を自由にする取り付け型ドア。(ペット~る・ユニフロー)

ペットと暮らすリフォーム2.jpg

●専用スペース
収納ユニットの下を愛犬、愛猫の専用スペースに。(ミセル ペットパネル・大建工業)

ペットと暮らすリフォーム3.jpg
 
趣味満喫リフォーム.jpg

自宅で楽しむ趣味といってもピアノ、絵画、陶芸、フィットネスなど多種多様です。それぞれの趣味で部屋の使い方も異なる為、趣味の内容に合わせた内装材を選ぶことがポイントです。

リフォームのポイント

Point1 内装材

趣味に合わせて、最適な素材の床材や壁材を選びます。例えば、ホームシアターやピアノ室なら、防音・吸音効果のある内装材を。陶芸や絵画なら、お掃除しやすい床に自然素材の壁材といった組み合わせがおすすめです。落ち着ける空間にするために、自分だけのこだわりの空間をつくりましょう。

●壁材
すぐれた吸音性で、音響効果をグレードアップ。(音響用インテリア壁材 オトピタ・大建工業)

趣味満喫リフォーム2.jpg

●床材
傷や水、汚れに強い石目柄の化粧床材。(ハピアフロア 石目柄・大建工業)

趣味満喫リフォーム3.jpg
 
ホームシアターのある家にリフォーム.jpg

自宅で、映画館のような大画面と音響で楽しめるホームシアター。大画面テレビやサラウンドシステムをより効果的にみせる内装や照明で、こだわりのシアターを実現しましょう。

リフォームのポイント

Point1 内装材

天井や壁に音を吸音する効果のある素材を用い、防音ドアなどで防音対策を。
また、音を反射、拡散させるパネルなどをプラスすることで音響効果をアップさせることができます。

機能はもちろんインテリア性にも配慮して選びましょう。

●天井材
高い吸音性能に健康機能もプラスした天井材。(オトテン・大建工業)

ホームシアターのある家にリフォーム2.jpg

●壁材・ドア
音の響きを向上させる音響用壁材と音漏れを防ぐ防音ドア。(オトカベ 防音ドア・大建工業)

ホームシアターのある家にリフォーム3.jpg
 

家族に優しい住まいへ

ケアリフォーム1.jpg

ケアリフォームとは、高齢者やハンディキャップのある人が、住みなれた家で出来るだけ自立した生活ができるよう配慮し、ご家族の介助負担も軽減できるように室内環境を整備することです。

リフォームのポイント

場所別おすすめ商品/アプローチ

安全に移動できることがポイント。特に車イスの場合は、出入りスペースの確保や移動用のスロープの設置などを検討します。

●スライド門扉
車イスもスムーズに通行できるスライド門扉。(カムフィ SWB-1・三協立山アルミ)

ケアリフォーム2.jpg

●手すり
アプローチの移動をサポートする外部手すり。(ガードウォーカー・LIXIL〈トステム〉)

ケアリフォーム3.jpg
 
人に優しいリフォーム.jpg

高齢者から子供まで家族みんなが使いやすく、安全で快適に暮らせる住まいの為のリフォーム、それが人に優しいユニバーサルデザインリフォームです。